掲載企業訪問 生ゴミ・ペットのフン処理ロボット



生ゴミ・ペットのフン処理ロボットの代理店展開をされているBIOコミュニケーションズ様。全国から問合せが殺到して毎月2ケタ代理店が誕生しているそうです。その人気の秘密や、今後の展開についてお話を伺いました。(写真左が西社長様です)

もくじ
  1.事業を始めたきっかけ
  2.代理店さんからの質問
  3.成功例・失敗例
  4.向いている人
  5.代理店になる魅力


事業を始めたきっかけ

-まずはじめにこの生ゴミ処理の事業を始めたきっかけについて教えていただけますか?

私の経歴をお話しますと、新車販売フランチャイズの本部で加盟店開拓をしていたことがベースになっています。加盟店開拓の難しさや、反対にうまく行った時のやり方など、非常に大きな経験になっています。

その後独立をして、お付き合いのあった上場企業やベンチャー企業の加盟店開拓を請け負うという営業コンサルをやってきました。フランチャイズの仕組みは出来てもファイナンスがうまくいかないとダメだとか、ファイナンスがうまくいっても商品が良くないとダメだとか、組織構築だけでなく経営という点でも本当にいろいろ勉強させてもらいましたし、成功事例もいくつか作ってきました。

今のBIOコミュニケーションズという会社は、環境関連の会社ですごいいい商品を持っている会社があるとメーカー(東北環境)を紹介されたのがきっかけです。ご縁をいただいて社内に席を作ってもらってチャネルの開拓を行っていたのですが、本腰入れてやらないかということで、自分も資本を入れて今の会社を立ち上げたんです。それまでに約10万台を数社の代理店で売り上げていたので、私もこの商品にかける強い想いがありました。


代理店さんからの質問

-ご応募される代理店さんからはどのような質問が多いですか?

まず実績を聞かれることが多いですね。10万台というとビックリされますが、まだまだ生ゴミ処理機自体が市場の3%しか普及していないですし、一般のご家庭に普及するように頑張っています!というと、更にビックリして非常に興味を持っていただけますね。

それから、説明会では分解実験といって、お弁当の残りとか魚の頭を実際に分解処理するのを見ていただくのですが、ほんの10分もすると目に見える生ゴミはほとんど跡形もなく分解されているので「おおーっ」とみなさん驚かれます。

そのあとはもう、具体的な販売方法の話になりますね。


成功例・失敗例

-今までの代理店さんでどのようなところが成功して、どのようなところが失敗していますか?

みなさん本当に前向きな方が多いのですが、導入研修をしっかり受けてくださっている代理店さんはほとんど成果を出しています。中には他の仕事で忙しくて動けない方もいらっしゃいますが、そういう方は難しいですよね。

ある電気屋さんは非常に興味を持っていただいて店頭に置いたところ、来店客も今まで月に数人だったのが、日に2、3人来るようになって、更にサム(生ゴミ処理機)に釣られて太陽光パネルの受注も取れたなんて喜んでいらっしゃいました。(笑)

ウチの商品の場合、置けばある程度は放っておいても売れるので、あとはイベント出展とかフェア販売とか、そういう打って出る販売方法をちゃんとできているところはどんどん売上を伸ばしていますね。

個人の方でもやる気があれば社員同然として教えさせていただき、人によってばらつきはありますけど成果はきちんと出てきています。売り方もちゃんと教えていますからね。


向いている人

-どんな人、どんな会社が代理店になるのに向いていますか?

法人の場合は、店舗を持っていたり、BtoBで顧客を抱えていたり、あと展示会とかイベント慣れしているところは間違いなく売れると思います。個人の場合は、営業経験があることと、やる気があれば大丈夫です。

とにかく環境商品ということと、99.8%分解して臭いも無くなるという商品力。助成金も出ますから売りやすいんですよ。ペットショップに飛び込みで営業しても2~3割はちゃんとした商談になっていますから、これって凄いねーと代理店さんと話をしています。



代理店になる魅力

-最後に、御社の人気の秘密、代理店になる魅力について教えてください。

何と言っても市場ですね。今は3%ですが食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーターと同じくらい、最低でも30%まで普及させたいと代理店さんと一緒になって頑張っています。今はそのちょうど入り口にいるところなので、早く代理店になった方がいいと思います。携帯電話でも何でも1次代理店だと凄い大きな会社になってますよね。

まだまだばらつきがありますが、今の勢いのまま拡大していければ全国の都道府県に4~5社の代理店と、その上に統括できる代理店を作っていきます。それから、代理店さんのためにはできるだけ本部として出向いていって代理店さんの売上になるようにフォローしていきます。

代理店さんとは販売計画を立てて、それに向かってどうやって売っていこうということもきちんと話込んでいます。個人を相手に販売するのか、イベントや店頭で販売するのか、売り方が全然違いますからそこらへんもきちんとこうやった方がいいとアドバイスさせていただいています。

あとはそうですね。みなさんとはWin-Winの関係を作っていって一緒に成長していきたい!と思っています。

先日、東北から来ていただいた方もいらっしゃいましたが、それだけの価値はあると思いますので、是非思い切って説明会に来ていただきたいですね。



株式会社BIOコミュニケーションズ様。本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


≫この掲載企業の募集ページを見る
生ゴミ・ペットのフン処理ロボット「サム」代理店募集