×

+ 詳細検索

代理店ビジネスの仕掛人 代理店一元管理システム「株式会社イースネット」

能力開発で有名なナポレオン・ヒル財団本部のスーパーバイザーとして代理店(加盟店)開拓・研修に携わり、300代理店、500SEに拡大、売上高を3倍にさせた大川氏。後に自らが代理店として独立し、3年連続セールスオブザイヤー受賞、3年連続全国代理店成績1位を達成。代理店を作る側、実践する側、両方のスペシャリストに代理店ビジネス成功の秘訣を伺いました。

代理店を作る側から、代理店になり成功した理由は?

本部にいた時は、代理店様に対して販売していただける環境やノウハウの提供、サポートを徹底的に行っておりました。SE(セールスエンデバー=代理店になるために育成された一般ユーザー)制度を作ったのもその一環で、代理店予備軍からの希望や情報など組み入れることにより、代理店拡大、ブランド確立、売上増と非常に大きな効果が得られました。
非常にアナログ的なやり方ではありましたが、マニュアルの整備や情報伝達方法、代理店の教育プログラムなどあらゆる面で本部としてなすべき体制が整ったため、私自身は本部としてではなく実践する側に回ろうと独立しました。
3年連続1位を取るために相当な努力もしましたが、本部が提供してくれるノウハウや組織的なバックアップがあってこそ成し得た成果だと思います。自画自賛ではありませんが、本部を中心とした本当に優れた代理店組織があってこその成功だと考えます。

代理店ビジベスが成功するポイントを教えてください。

まず代理店本部が、きちんと仕組みを作ることです。環境の整備、ノウハウの提供、サポート。これらがなければどんなに良い商品・サービスでも代理店展開は難しいでしょう。
加盟金などの初期費用を必要以上に設定したり、本部が直販も行うといった代理店ビジネスが見られますがこれではいけません。本部は代理店をバックアップすることに徹して、販売ノウハウの構築や、他社商品を研究し徹底した差別化を図るといった「やるべきこと」をやらなければならないと考えます。
また、代理店ビジネスの立ち上げ期に最もやらなければならないことは、「代理店の成功事例を1社以上作ること」です。成功したストーリーや、ノウハウを共有し、他の代理店を獲得、成功に導いていくことができれば必然的に代理店組織は拡大していき、本部の収益も代理店の数に比例して大きくなっていきます。フィーの配分も代理店が儲かるように設定しなければいけません。

現在はサポートする企業と伺っています。

3年連続~を達成した後、ナポレオン・ヒル財団の本部に代理店サイトの一元管理を提案し採用されました。ちょうどインターネットが普及発展し始めた時期で、そのタイミングでシステム開発・提供会社として社名も業態も変えました。
代理店ビジネスに必要なノウハウをITシステムに載せ、業務の効率化や、代理店がWEB上で集客する仕組みなど、アナログ時代ではできなかったことも取り入れて非常に良いシステムを同財団に提供させていただくことができたと自負しております。
現在は、他の企業様にも「代理店一元管理システム」として営業促進・組織の活性化のために当社のノウハウをシステムと共に提供させていただいております。本部や代理店によるWEBサイトの簡単更新や、顧客管理・見込管理・商品管理も簡単に操作できるとご評価いただいております。代理店本部様がこのページをご覧になりご興味をお持ちになられましたら是非ご相談いただければ幸いです。

ありがとうございました。自らも成功した代理店として非常に重みのあるお言葉。代理店本部様にとっても代理店様にとっても、成功するためのヒントが多く得られるお話だったと思います。

>>代理店一元管理システムについて問い合わせる

TOP