[代理店募集ドットコム] 代理店募集案件を掲載した資料請求サイトです。

×

+ 詳細検索

新着一覧へ
    1
    2
    7
    8
    9
    10
    14
    15
    16
    21
    22
    23
    28
    29
    30
    インタビュー・記事一覧へ
    代理店や加盟店になるメリットは何ですか?
    1. すぐに販売できる
      売上や収入はすぐにでも欲しい。でも自社(自分)でそのための商品・サービスや仕組みを作るには時間もお金もかかります。代理店としてビジネスを始めればこの時間をぐっと短縮することができます。
      さらに研修が充実している募集案件であれば、商品知識だけでなく販売方法まで教えてもらえるので、この価値は非常に高いでしょう。中には販売してから入金にいたるまで時間がかかるものもありますが、是非いろいろな募集内容をチェックしていただきたいと思います。
    2. リスクがない(少ない)
      正確にいえば交通費などの活動費や、販売に時間を費やしますのでリスクがゼロということではありませんが、自社(自分)でビジネスを始めることに比べたら非常に安全に始められます。
      初期費用があるものもありますので、何に対しての費用か、解約時に返金されるのかなど、確認してみてください。
    3. 自由にできる
      通常の案件は、販売チャネルや、販売方法は、代理店にゆだねられていますので、自由に販売することができます。
      また、ノルマがない場合が多いので、自社(自分)の都合に合わせて販売できます。
      そして、「売れる」と思えば人を使ってもっと販売を強化すれば売上が倍増しますし、反対に「売れない」と判断したらいつでも撤退することができます。(代理店契約時に内容をご確認ください)
    資料請求する際に守らなければならないルールはありますか?
    1. 入力情報は正確に
      氏名や電話番号は正確に入力してください。ビジネススキルが足りないと判断されると、代理店として採用されないこともあります。
    2. 資料に目を通す
      資料を見れば、自分に合っているかどうかをある程度判断できます。不明点があれば募集企業に連絡してみましょう。
    3. 対応は礼儀正しく
      募集企業のご担当者も仕事で連絡をしています。双方敬意をもってお仕事できるよう社会人として適切な言葉を使用しましょう。
    代理店になって成功するためのポイントはありますか?
    1. 売れる商品・サービスを探す
      代理店を募集している商材には様々なものがあります。①これから売れる、②すでに売れている、③売れなくなってきている、④売れない(分からない)。昨日まで売れていたものが売れなくなる場合もありますし、売れていなかったものがあなたの手にかかった途端に急に売れることもあります。まずは、お客様の目線で、お金を出してでも手に入れたい価値があるか?目利きをするつもりで商品・サービスを探してください。
    2. 自社(自分)のチャネルにマッチするか
      あなたの今のお客様や、これからお客様にすることができる方に、選んだ商品・サービスが合っているかどうか考えてください。
      今まで地域のお客様(個人)を対象にしていたのに、全国の法人を対象にした商品・サービスを扱うことは無理があります。活用できるなら今までのチャネルを活かせる商品・サービスを選択し直しましょう。
    3. 自社(自分)の売り方にマッチするか
      例えば、今まで訪問営業と、手紙のフォローで販売してきたのに、急にインターネットでの販売方法に切り替えるには無理があります。ゼロからスタートするのではなくこれまでの経験を活かした商材選びが必要です。
      できればチャネルと売り方を変えずに扱える商品・サービスを選択し、もしそれができければ、研修費用を払ってでも販売方法を教えてもらえる募集企業・案件を探しましょう。
    4. テストマーケティングする
      どのような商品・サービスでもテストは必要です。代理店として本格的に販売を始める前に、サンプルを購入して販売してみたり、カタログを使って感想を聞いてみたり、できることがあればやってみましょう。
      売れるか売れないかを聞くのではなく、あなたの考えている販売方法がお客様に通用するか、メーカー(代理店本部)のアドバイス通りやって販売できるかどうかをテストしてみましょう。
    5. 販売して市場の反応を確かめる
      代理店になるための手続きや研修が終了したら、販売開始です。メーカー(代理店本部)も始めのうちは時間を割いて指導等してくれますが、独り占めすることはできません。
      また、メーカーよりも販売現場に近いのはあなたです。お客様の反応・反響をメーカーと共有して販売方法や販売価格、販売ツールの見直しなどを常に提案するように心がけてください。どちらが上でも下でもありません。良きパートナーとして共に成長していくという考え方が成功の秘訣です。
    資料請求をしたけれども連絡が来ない。もう一度資料請求した方がいいですか?

    まず始めに、募集状況をご確認ください。
    個人の方が法人専用の案件に応募していたり、募集エリア外の方の資料請求はメーカーより連絡がいきません。これらの条件が整っていて、資料が届かない場合は、当社の問合せフォームよりご連絡ください。メールの不達や、発送作業の遅れや漏れが原因と思われますので、当社より本部に連絡いたします。(人気のある案件は電話連絡が遅れる場合もあります)
    連絡が来ない=対応が悪いから契約しない、という考え方もあります。

    よくある質問一覧へ
    TOP