×

+ 詳細検索

ログイン

募集企業 LM TOKYO株式会社(エルエム トーキョー)

道路交通法改正に適応!検知器による酒気帯び確認が義務化になりました!
「アルコールチェッカー KAOIRO+」販売代理店募集

募集地域
全国
応募資格
法人
初期費用
1,067,000円(税込)
資料請求をする(無料)
資料請求リストに入れる

「アルコールチェッカー KAOIRO+」販売代理店募集

本件は募集終了いたしました。

募集企業情報

企業名 LM TOKYO株式会社(エルエム トーキョー)
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷3-16-18(本社・ショールーム)
代表者 代表取締役 鈴木 直樹
設立 2015年8月
資本金 1億5840万円
事業内容 LED事業「LED TOKYO」、LEDを利用した表示機の輸入・販売・設置・保守、LED関連商品の輸入・販売・レンタル、映像制作及び映像表示機等の輸入・販売 ほか
従業員数 55名(2022年2月現在)

詳細情報

製品説明 1)電気化学式センサーで高精度&スピーディー
 半導体式センサーでのアルコール検知機と比べアルコール以外のガスに反応しにくく、測定精度が高い
2)顔認証システムで不正を徹底的にゼロへ
 検温と顔認証の機能付きで、対象者に飲酒運転をさせない
3)検査時の顔写真をデバイス内に保存
 酒気帯び確認結果および検査時の顔写真をデバイス内に簡単に保存が可能
4)工事不要で簡単設置
 コンセントに繋ぐだけ! すぐ設置いつでも撤去
5)アルコール検知結果エクスポート機能
 検知結果をcsvファイルでエクスポート可能、検知時の顔写真も確認できるのでなりすまし防止も確認可能
6)プリンター(別途料金)
 プリンターに接続することで検知結果を印字可能(日時/検温/アルコール値が出力)、酒気帯び確認記録を1年間保持への対策に!

本件は募集終了いたしました。

ビジネスの説明

2022年4月から順次施行!営業車だけでなく自家用車も検知器によるアルコールチェックが義務化になります!

「アルコールチェッカー KAOIRO+」は、道路交通法改正に伴い義務化された酒気帯び有無確認に対応したアルコール検知器です。
従来は緑ナンバー(荷物や人を運搬する営業車)のみが義務化の対象でしたが、相次ぐ酒気帯び運転による死亡事故を受け法改正し2022年4月から順次施行されました。
追加対象となったのは白ナンバー(自家用車)を使用する安全運転管理者選任事業所で、約34万社、780万人以上のドライバーが検知器を使用することになります。
今回「KAOIRO+」の販売代理店様を全国にて募集させていただくことになりましたので、是非このタイミングでお取り扱いいただければ幸いです。

7,000台以上の出荷実績がある製品にアルコールチェック機能を搭載した最新デバイスです!

本製品は、人工知能(AI)による顔認証・検温システムとして全国に7,000台以上の出荷実績があるKAOIROシリーズにアルコールチェック機能を搭載した最新デバイスです。
息を吹きかけるだけで電気化学式センサーが高精度&スピーディーにチェック、検査時の顔写真をデバイス内に保存し、ドライバーの管理が簡単に行なえる製品です。
国家公安委員会の規定に準拠、道路交通法改正に適応した製品で、お客様に自信を持ってご提案いただけます。

酒気帯び確認の徹底と、安全意識の向上を弊社と一緒に全国に広めませんか?

今回募集させていただく販売代理店様には、初回に規定台数を仕入れていただいての販売開始とさせていただいています。
法人様でこの事業に魅力を感じていただき実機を持って営業していただく狙いがあります。
全国約34万の安全運転管理者選任事業所をいち早く開拓し、酒気帯び確認の徹底と、安全意識の向上を弊社と一緒に全国に広めていける力のある企業様を歓迎いたします。
詳しい製品説明や営業展開方法など、しっかりお打合せさせていただきますので、ご興味ある企業様は今すぐ資料をご請求ください。

※本事業に関する詳しい資料は以下よりご請求いただけます

募集地域
全国
応募資格
法人
初期費用
1,067,000円(税込)

本件は募集終了いたしました。

最近チェックした商材

閲覧履歴はありません

×

詳細検索

TOPへ戻る