×

+ 詳細検索

外国人の不法就労を見逃さない!在留カード確認端末です!「One Check TAB」販売代理店募集

募集地域
全国
応募資格
法人・個人
初期費用
10万円~

知らないでは済まされない!日本企業が不安視する不法就労をチェックする端末が登場しました!

少子高齢化の中、様々な業界で外国人労働者が急増しています。そんな中、就労資格がない外国人を雇用したために不法就労助長罪に問われる企業も続出しています。
雇用主は外国人に就労の資格があるかをチェックする義務があり、万が一不法就労者に仕事をさせてしまった場合は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金または両方が課せられてしまいます。(しかもこの罪は知らずに雇用してしまった場合も含まれます)
「One Check TAB」(ワンチェックタブ)は、企業がこのようなトラブルの当事者にならないように開発された在留カード確認端末です。今回、全国にて代理店様を募集させていただくことになりました。

ICチップ不正書き換えにも対応!偽造在留カードを見破る心強い味方です!

近年、在留カードの偽造が増えています。表面の写真や在留期間、職種だけでなく、不正防止用のホログラムまで精巧に偽造されています。中には埋め込まれたICチップのデータまで書き換えられ、通常の方法では偽造を見破れなくなってきています。(この場合でも雇用企業は罪に問われる可能性が高いです)
「One Check TAB」は、端末に在留カードをかざすだけの簡単操作。専門知識がなくても在留カードの偽造を見抜くことができます。不正ICチップにも対応でき、偽造カードの発見率は100%を誇ります。
※国連にロゴ使用を認められた製品です

外国人労働者の雇用が進んでいる全業種が営業先!1社で10台以上のご導入も期待できます!

コンビニやファストフードなど外国人をよく見かける業種だけでなく、多くの企業が外国人労働者の雇用を進めています。
ご提案いただける先は建設業、人材派遣会社、外国人就労支援会社・団体、居酒屋チェーン、ITエンジニア企業、農業・畜産・漁業、製造・加工業など多数あります。また、1社で複数台ご導入いただくことも珍しくありませんので、営業効率が高い製品でもあります。
日本企業が外国人の労働力を取り入れていくためには本製品の普及が欠かせないと考えておりますので、是非ご協力いただければ幸いです。

※詳しい資料をご用意しておりますので、まずは以下よりご請求ください

募集企業情報

企業名 ワンチェック株式会社
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地1-12-12 SIビル5F
代表者 代表取締役社長 山田貴裕
設立 2020年1月

<関連キーワード>
代理店, 加盟店, パートナー, 募集, 特約店, 外国人, トラブル, 解消, 人材, 予防, 労働力, 急増, 課題

×

資料請求

×

詳細検索

TOPへ戻る